FC2ブログ

ひとりごと

恒ちゃんのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

美女軍団(応援団) 愚民化に加担するマスコミ

平昌オリンピックに北朝鮮が動員した楽団や応援団のことをマスコミは美女軍団とか美女応援団などともてはやし、大会前日の各社の報道は彼女らのことばかりだった。しかし、そもそも「美女」と彼女らを誰が名付けたのか?北朝鮮自身ではないだろう。きっとマスコミだ!なでしこジャパンや侍ジャパン、最近のスマイルジャパンなどと同じ。「なでしこ」でも「侍」でも「スマイル」でもないのに、愛称を付けて盛り上げているところは美女軍団の命名と同じである。マスコミが扇動しているのである。
ところで、北朝鮮の楽団や応援団は美人なのか否か?それは若いし、顔やスタイルで選別されているのだから、そこそこに美人なのだろう。でも全員ではないのは確かだ。それよりも彼女らは金正恩の命、言わば国策で韓国に来たのである。国策でオリンピックに応援を送る国がどこにあるか?そんなことをするのは独裁国家ぐらいだろう。
彼女らによって韓国人や一部の日本人が腑抜けになってしまえば、それはまんまと金正恩の術中にはまったことになる。論語に「齊人歸女樂。季桓子受之。三日不朝。孔子行」とある。昔から楽団を送る策略が東洋にはあった。「殷鑑不遠」である。

スポンサーサイト

PageTop

希望の党など

自民党政権は長く続きすぎた。安倍首相もそんな中にどっぷりと浸かってしまった。野党といえば相変わらず与党の横暴を叩いているだけで、政権を執るには程遠い状態。政治家はマスコミとは違う!権力批判はマスコミの仕事だ。そればかりしている野党はいらない。ここで「確かな野党」では無くて「政権を担うことを狙う野党」が欲しい。右派でも左派でもいいが、政権を担う意思のある野党が欲しいものである。ただ、共産党は駄目!「共産主義の興亡」という本があるが、これもその参考になる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。