ひとりごと

恒ちゃんのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明けましておめでとうございます

正月元旦、今日は予てより思っていた、成田市街を通らずして茨城へ抜ける路を試走した。今年の初乗りである。
空港南部交差点を右折してR296→R79→十余三交差点右折→R44→直ぐに多良貝交差点を左折してR79→そのまま行って常総大橋へ。
これでOK。
途中で雪がちらほら。寒い!!!!!!
VTR250に乗ってから最も寒い日だった。走行距離は100km程度。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あけましておめでとうございます。

元旦からツーリングですか?!何事に対しても精力的で、まったく頭が下がります。こちらは恥ずかしい話、グダグダと寝正月状態です…。

幽学も独創的な思想家ですよねぇ。詳しくは知らないのですが、「天命之謂性」の「之」を「ゆく」と読ませるとか。

朱子にしても幽学にしてもそうですが、自らの思想の深まりとともに経書の解釈も変化していくんですよね。ですので、経書は単に準拠すべき所与のものではなくて、思索を展開する材料というか、「場」を提供する物でもあるんですよね。

本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

良南釣徒 | URL | 2015-01-02(Fri)15:46 [編集]


明けましておめでとうございます

良南釣徒様
正月早々、メール有り難うございます。
当方、会社が合併によりそれまで完全週休二日だったのが崩れて、30日まで仕事、かつてであれば9連休だったのが5連休となってしまいました(給料も下がった)。しかしながら、大晦日は父にお煮染めを、娘に善哉をつくり、また地域の方々食べてもらおうと友人と蕎麦打ちをしました。歳を取ると、いかに「活潑潑地」に生きるかがテーマになるようです。
幽学のこと、彼は江戸幕府を否定し、朱子学も否定しているのだが、経書からは抜け出せていないのも事実。経書をどう解釈するのか?漢唐と宋でも違う。でもその中で経書は生き続けている。
今年も宜しくお願い申し上げます。

嘘つき恒ちゃん | URL | 2015-01-02(Fri)18:46 [編集]


私のアルバイト先も合併によって締め付けが厳しくなりました。給料は下がり、休憩時間も減らされ…。新自由主義のせいでしょうか、世のなか、世知辛さが益してきたように感じます。

「質問箱」で回答していなかった問題について、私でお答えできそうな所をコメントしてみました。不明な箇所も多くて、ご参考になるか分かりませんが、よろしければご参照下さい。

良南釣徒 | URL | 2015-01-03(Sat)17:35 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。